2005年03月13日

オンライン申請(1)

平成16年6月21日から、商業・法人登記をインターネットで申請できるようになりました。

当初、オンライン申請できるのは東京法務局中野出張所と千葉地方法務局市川支局のみでした。私がよく利用する法務局が入っておらず、いまいち使えなかったのですが、対応法務局がどんどん増え、今では東京法務局や私の事務所のある港区を管轄する港出張所もオンライン庁に指定されています(現在の対応法務局一覧はこちら)。

一応、ITに強い司法書士というのをウリの一つとしていますので、とりあえず私もやってみることにしました。

まずはネット上での身分証明書にあたるICカードを取り寄せたり↓
ICカード

ソフト(無料)をインストールしたり、、、

ユーザ登録したりします↓
01申請者情報登録

PCで何か新しいことをやろうとすると必ずこういったインストール作業があって面倒ですねぇ。しかも始まったばかりサービスのためソフトのバージョンアップが頻繁にあり、その度にアンインストールと再インストールを繰り返さなければなりません。。。

  (つづく)

mroppon at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 業務あれこれ 

2005年02月28日

風邪をひいてしまいました

昨日は悪寒がしたので早く寝ました。
今朝体温を測ってみたら37度1分。
インフルエンザだと普通の風邪薬効かないから医者行って確かめた方がいいよ、と言われたので何年ぶりかでお医者さんへ行ってみました。

結果は・・・普通の風邪だそうでホッと胸をなでおろしました。

注射を打ってもらったら、頭がボーッとしていたのも治り快調です。
今日もまたバリバリ仕事ができそうです。

mroppon at 12:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 身辺雑記 

2005年02月24日

商業・法人登記も郵送で

不動産登記法の改正ばかりに気を取られていましたが、商業・法人登記も平成17年3月7日から郵送で申請できるようです(詳しくはこちら)。

これで遠くまで行かなくても申請できるわけで、便利になりますね。
ただ、設立や合併などは、登記申請の日付が設立日・合併日になり、重要な意味を持ちますので、私の場合はそれ以外の変更登記を、遠方の場合郵送で申請しようかと考えています。

mroppon at 10:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 業務あれこれ 

2005年02月16日

アラボンヌー

シュークリームをいただきました。
シュークリーム1(箱の中)

a'la bonne heureというお菓子屋さんで水曜日しか作っていない、限定販売のシュークリームです。値段も1個105円と手頃。(お店の人の名誉のために付け加えておくと、本当は単なるシュークリームではなく、もっとかっこいい名前がついていた気がするのですが、どうしても思い出せません。)
シュークリーム2シュークリーム3

皮はやや固めでサクサクした感じ。中のカスタードクリームはとっても柔らかくて、かむと口の中に広がります。甘すぎないところもGOOD!

mroppon at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック グルメ 

2005年02月14日

生まれて初めて食べるもの

千葉名物といえば落花生。先日は千葉在住の弟からゆで落花生なるものをもらいました。新鮮な落花生をゆでて食べるんですが柔らかくて甘みがあっておいしいです。

で、今回もらったのはこちら↓

落花生のもやし

写真で見るともやしみたいですが、普通のもやしより大きくて太くて葉っぱが少し付いている、落花生のもやしです。

マヨネーズ和えにしましたが、食べてみるとやや堅くてほんのりピーナッツの味がします。

う〜ん。珍味なんでしょうが褒めたい味でもなく・・・
一度くらい食べてみる価値はありそうですが私は普通のもやしのほうが好きです。

大きなスーパーに置いてあることもあるので、興味がある方は探してみてください(ネットで探したらここでも買えるようです)。

mroppon at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック グルメ 

2005年02月13日

商号の仮登記

ポルシェ

会社設立ワンポイント(商号の仮登記)

1月9日のブログのなかで、同一市町村内(東京なら同一区内)には、同一または類似する商号を持つ会社を作ることができないと書きました。しかし、事前に類似商号がないことを確認しても、類似商号調査後、登記申請前に他の会社が同じ名前で設立登記をしたらどうなるのでしょうか?

そうです。自分の会社の設立登記が受理されなくなってしまいます。実際、悪意を持った第三者が先に登記をしてしまったため、自分の会社の登記が類似商号にあたり、登記ができなくなってしまった例があります(東京ガス事件。最判昭36.9.29。本店移転のケースで)。

大企業の場合、設立登記をする前にマスコミに対し子会社設立の件を広報発表することも多いです。また、中小企業ほど機敏に動けないため会社設立までの期間がどうしても長くなります。もし類似商号があるために発表した商号を変えなくてはいけなくなると恥ずかしいことになってしまいます。これを防ぐために商号の仮登記の制度があります。

商号の仮登記とは、会社設立、商号変更、目的変更、本店移転にあたり、事前に商号を仮押さえしておく制度です。商号の仮登記をしてしまえばその商号が登記により保護されますので、第三者が同じ名前で登記をすることができなくなります。登録免許税だけで3万円かかり、保険と考えるには高いのですが、大企業中心によく使われています。

ただ、次回の商法改正では類似商号の規制が撤廃される予定ですから、この登記も1年後位にはなくなりそうです。

先に商号を使用している人の利益は不正競争防止法などで守られるので、登記上の規制はなくてもいいやということらしいです。今後は同じ商号の会社が近所にいくつも設立される可能性がありますので、気になる方は商標登録するなど今から対策した方がいいですね。

mroppon at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 会社設立