2005年01月13日

目的を作成する

会社設立ワンポイント(会社の目的)

会社の目的とはその会社が何をする会社かを表すものです。目的として定めた事業以外、会社は行うことができません。

この目的を作成するにはいろいろ決まりがありますが、許認可等が必要な事業はパターン化されていて割と楽です。

人材派遣業なら、目的には

 1.労働者派遣事業
 2.×××

と定めます。派遣業には一般労働者派遣事業と特定労働者派遣事業があり、どちらを行うか明確にするために

 1.一般労働者派遣事業
 2.×××

と、区別して記載している会社もあります(「一般」と「特定」の違いについてはこちら)。ただ、私としては単に、「労働者派遣事業」とだけ入れておけばどちらの派遣業もでき、お得な感じがして好きです。

人材ビジネスをする会社はたいてい職業紹介も行いますので、通常はセットで

 1.労働者派遣事業
 2.有料職業紹介業
 3.前各号に附帯する一切の事業

と定めます。最後の3番は決まり文句と思って必ず入れてください。

それから、目的には業務内容を具体的に書くという決まりもあるのですが、業種によってどこまで具体的に書けばいいかは変わってきます。どちらかというと販売業は要件がゆるめ。製造業はより具体的に記載する必要があります。たとえば「車輌の製造」は具体性がないと法務局で判断されてしまいますので、自動車の製造というようにより具体的に書かなければなりません。ところが「車輌の販売業」は販売なのでOKといった具合です。

会社の目的を検討するときは、目的の事例集をよく使います。法務局で受理されている目的や不受理となった目的を集めたもので、これを読めば法務局の判断基準がわかります。会社の目的事例集を買うなら、まずはこれ↓

会社「目的」の適否判定事例集

次に、「会社の目的の適格性判断事例集」(財団法人民事法務協会名古屋支部発行)ですね。この2冊でOKとされている目的であれば、東京の場合、事前に相談しなくても受理されます。

ちなみに大阪の事例集でOKとされていても、東京では受理されない場合がありますので注意!

mroppon at 02:09|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 会社設立 

2005年01月12日

無料相談会

きょうは東京司法書士会が行っている無料法律相談会の相談員として、夕方、四谷の司法書士会館にいました。

いやあ、この無料相談会大盛況です。
相談ブースが5つありますが全部埋まってました。
弁護士会の相談は有料のものがほとんどですから、無料相談に人が流れてくるのもわかる気がします。きょうの相談会でいえば時間も一人45分あり、じっくり話を聞いてもらえます。

無料だから軽い気持ちで来るかといえばそうでもありません。悩み抜いた末に相談に来る方が多く、私も真剣に対応させていただきました。

mroppon at 21:24|PermalinkComments(0)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 身辺雑記 

2005年01月10日

キノコ生えてきました(2)

(1月2日の日記を読んでいない方はまずこちらをどうぞ)

事務所の鉢植えにキノコのようなものが生え始めて1週間以上経ちました。今の様子はこんな感じです↓
きのこ2-1

成長が進んだものは、楕円形のボールの上半分が割れて中から種のようなものが覗いています。種があるということは、キノコではないようですね。

熟して(?)上半分が割れたものをひとつ抜き取ってみました。結構根が深くて土も一緒についてきます↓
きのこ2-2

この切り口はまるでナイフで切ったようにきれいです。

しかし芽が出て1週間で種ができてしまうとは、ライフサイクル早っ!
繁殖能力は非常に高そうです。
だからこんなところに生えてきたのかもしれません。

ちなみに、種を拡大すると↓
きのこ2-3(種)

1粒は0.8mm位の大きさです。多少弾力があるらしく、楊枝でつつくとへこみました。写真の下から2番目の種にあるへこみは、楊枝でつついた跡です。見えますか?

さてさて、、、

ずっと調べているわけにもいかないので、また後日にします。ひと眠りしたらちゃんと仕事しなくっちゃ!

mroppon at 00:40|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 身辺雑記 

2005年01月09日

類似商号調査

こんなビルに事務所が持てたらいいな♪

会社設立ワンポイント(類似商号調査)

会社を設立するにあたって、同一市町村内(東京なら同一区内)には、同一または類似する商号(=類似商号)を持つ会社を作ることができません。せっかく会社設立登記の申請をしても、類似する商号の会社がすでにあると、申請が受理されません。登記申請をする前に名刺や看板、挨拶状、会社の実印などを発注してしまうことも多く、もし登記申請後に受理されないことがわかると、印刷物を再度作り直さなくてはならなくなり、ダメージが大きいので、事前に調査するわけです。

なぜこんな規制が必要かというと・・・

あなたが来来軒というラーメン店を始めたとします。路地裏の小さな店ですがスープも麺も改良を重ねて行列が絶えない有名店にまで成長させました。

ある日街を歩いていると大通りに面したところに来来軒というラーメン店ができているではありませんか!!
店構えは少し違いますが、あなたの店の評判を聞きつけて遠くからやってきた人が、あなたの店と間違えて入ってくるようで、結構繁盛しています。全然関係がないのに勝手に店名を使われたくないですよね?

このように、商号(店名・屋号)は、ときに大変な価値を持つものですから、先に登記をした人の利益を保護しようということです。

ふう〜

前置きが長くなってしまいましたが、実際に調査をしてみましょう。

設立しようとする会社の本店所在地を管轄する法務局にいくと、商号調査簿が置いてあります。部屋の片隅に誰でも閲覧できるように置いてある場合もありますし、閲覧室の中だけで見ることができる場合もあり、法務局によって違います。

会社の商号リストがファイルされていて、自分の設立しようとする会社の商号と同一もしくは類似するものがないかチェックしていきます。

類似するかどうかは、商号の主要な部分を見て判断します。たとえば「有限会社とびうお出版」と「有限会社新とびうお出版」では、「新」のように営業の新旧を表す部分、「出版」のように営業の種類を表す部分は一般の人があまり注意を払わないだろうということで除外され、主要部分の「とびうお」が同じなので類似商号に当たります。

法務局の類似商号調査コーナーにはチラシが置いてあり、「新」「大日本」「ニュー」などを頭につけた商号についてもチェックしてくださいと書いてありますので、それを見ながらやれば最低限の調査はできますが、たとえば当地港区の場合、「ニュー○○」のページとかなり離れて「ニユー○○」の商号が並んでいるページがありますので、そちらもチェックする必要があるなど、ちょっとコツが要ります。

まだまだ注意事項を挙げればきりがないのですが、長くなりましたので今日はこのへんで・・・


mroppon at 11:27|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 会社設立 

2005年01月05日

これさえあれば無人島でも生きてゆける

きょうは私が仕事中に食べている物を紹介してみたいと思います。

まずはこれ。私はせんべいが好きなのでいろいろ試してますが、安い割に癖になる味です。
霧木立パッケージ

パッケージを見ると、赤穂の天塩がポイントのようです。

でも、裏面の原材料を見ると、
霧木立原材料

天塩以外の部分がかなり味に貢献しているような気がするのですが、気のせいでしょうか?

まあ、美味しいので多少のことには目をつぶることにしましょう。



次は、Men'sスパ王スパイシーペペロンチーノです。
スパ王パッケージ

スパ王はいろいろな味がありますが、これが一番好きです。値段も134円(ドンキホーテ調べ)と手頃です。どのくらい美味しいかというと、コンビニのパスタぐらい美味しいです。

実際作ってみるとこんな感じです。
スパ王調理例

どうです? 美味しそうでしょう?

えっ! 不味そうですって? それは私の写真の腕が悪いだけなので、実際食べてみてください。是非!

mroppon at 21:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック グルメ 

2005年01月04日

早起きは三文の徳、そして

シャッターと正月飾り

私の事務所は今日が仕事始めです。役所に提出する書類の作成が仕事ですので、休みも役所と一緒にしています(夏休みを除く)。

早速今日も登記申請をしてきました。不動産の所有権移転です。依頼者の方が懇意にしている司法書士は本日正月休みのため、すぐに動ける私のところで登記をやらせていただくことになりました。

4日から事務所開けといてよかった〜♪

○○先生、譲っていただいてありがとうございます<m(__)m>

mroppon at 21:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 身辺雑記