2013年03月15日

Amazon Route 53でURL正規化(WWWの有無を統一)をしてみた

海外向けのサイトを海外のサーバに置いてみたかったのですが、まともそうなところは結構いい値段がします。広告付きで無料、もしくは容量無制限だけどそこそこ値が張る(月6ドルとか)という両極端はあるのに、その中間、日本でいうロリポップみたいなところがみつからない。いろいろ検討した結果、一番安そうなAmazon S3でホスティングしてみることにしました。

Gatespaceさんの記事AWS S3 のバケットに独自ドメインを割り当てて、静的ファイルをホスティングを参考にしながらやってみたところ、なんとか、

http://www.andolegal.comと入力すると正常に表示されるところまでいきました。

しかし、wwwを取ってhttp://andolegal.comとするとエラー。

URLをwww無しで入力するとwwwありのページに飛ぶようにしようとしてネットを検索したのですが、なかなかうまくいかなかったので、備忘録を兼ねて記事にしておきます。

公式ヘルプもあるのですが、そのとおりやってもどうもうまくいきません。
馴染みがない方のためにちょっとだけ解説
Amazon S3はストレージサービスですが、データを独自ドメインで公開したり、静的HTMLのみのウェブサイトをホスティングしたりできます。Amazon EC2というサービスを使うと動的なウェブサイトも扱えます。下記に出てくるAmazon Route 53はAmazonのDNSサービスです。

なお、前述の解説サイトに書いてあることは、解説を省略しています。

DNSはAmazon Route 53を使います。

バケット(フォルダのようなもの)は、www.andolegal.com と andolegal.com の2つ作成。

それぞれ、インターネットに公開できるよう、Gatespaceさんの記事や公式ヘルプを読んで設定します。

私の場合はwww付のURLに統一したかったので、ファイルはwww付のほうのバケットにアップロード。もう一方のバケットは空っぽ。

Propertiesで設定するのはPermissionsとStatic Website Hostingの部分。

<wwwありバケットのProperties画面>wwwあり

<wwwなしバケットのProperties画面>
wwwなし


■Permissionsの設定

www.andolegal.comのバケットには、wwwありのバケットポリシーをアップロード(作成方法は前述のサイト参照)。

andolegal.comのバケットには、wwwなしのURLを書き込んだバケットポリシーをアップロード。

■Static Website Hostingの設定

上記画像のとおり、wwwありで統一する場合は、wwwありのバケットのほうをEnable website hostingにして、indexドキュメントとエラー時に表示されるドキュメントを指定。wwwなしのバケットはRedirect all requests to another host nameをチェックし、転送先としてwww.andolegal.comを指定。

ここまできたら、Amazon S3上のURLで正しくアクセスできるかチェックしてみます(上記画像でEndpointというのがそれぞれのバケットにアクセスするためのURLです)。きちんと設定されていれば、wwwなしのほうにアクセスするとwwwありのほうに転送されるはず。

■Amazon Route 53の設定

次は、Route 53の設定です。
NSとSOAレコードは最初から設定されています。
ルートドメイン(wwwなしのURL)の設定をするときは、ドメインのネームサーバをAmazon Route 53に設定済でないとエラーになります。

公式解説だと、メインのほうのバケットにエイリアスを設定して、他方はCNAMEでメインに転送と書いてあるのですが、これだとうまくいきません(私はwwwありで統一しようとしたからだめで、ひょっとしたらwwwなしで統一する場合は公式のとおりでよいのかもしれません)。

両方ともエイリアスにするとうまくいきました(下記)。Alias Targetは、それぞれのEndpointです(wwwありのAレコードはwwwありのバケットのEndpointを指定。wwwなしのほうのレコードはwwwなしバケットのEndpointを指定。)。

AmazonRoute53


アクセスはほとんどない弱小サイトなので、1年間は無料の範囲内。その後も料金は月50円かからないと踏んでいるのですが、さてどうなるか。

mroppon at 21:37│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック PC・インターネット 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字