2014年03月05日

Mt.Goxとビットコイン

BC_Logo_日本にある取引所であるMt.Goxが取引停止、そして民事再生手続開始の申立をしたことなどがマスコミでも大きく取り上げられ、一躍ビットコインの知名度が上がった感があります。

弊所では外国の方や外資系企業向けのサービスを提供しているためか、昨年末からビットコインがらみの問い合わせが非常に増えていました。

端的には「日本で銀行口座を開設したいがそのサポートサービスはできるのか?」といった問い合わせです。

日本に住んでいない外国人や外国会社が日本の銀行に口座を開設するのはほぼ不可能なので、その旨伝えるのですが、なんとかならないのかと食い下がってくる方が多かったです。しかもどこの銀行でもよいわけではなくてジャパンネット銀行に口座を開設したいと妙に限定してきます。

ジャパンネット銀行は外国からの送金を受けることができない銀行なのに、なぜ外国の方が興味を示すのか最初は不可解でした。

外国人・外国企業が日本の銀行に口座を開設するには、個人ならビザを取って日本に来て開設するか、法人なら支店や子会社を登記して現地の拠点がないといけませんので、その手続を説明したりしていました。

いずれにしてもそんなに安くはない手続なので、なんで口座が必要なのか訊いてみるとMt.Goxとの入出金に使いたいらしい。

当時はMt.Gox?bitcoin?なにそれ?という状態でしたが、自分なりに調べているうちに納得しました。

ビットコインは個人間売買でも入手できますが、大量に取引する人は世界にいくつかある有名取引所を使います。そして為替などと異なりレートが取引所によってかなり違います。

取引所毎の価格をウォッチしながら安いところで買って高いところで売れば簡単に儲かるわけです。

昨年末頃からは、Mt.Goxにおけるビットコインの販売価格が急に下がり始め、最終的には1ビットコインが1万4,000円位で売られていました。

他の取引所では6万円位ですので、Mt.Goxで1.4万円で買って他の取引所で6万円で売れば即座に7割以上サヤを抜けるわけです(注1)

これを大量に素早く行うために日本の銀行口座が必要だったと。

そしてジャパンネット銀行はMt.Goxと提携していたので、入出金の確認が素早くできる(他の形態だと10日位)という利点がありました。

ですが、日本に会社・支店を作るには日本在住の代表者が1名以上必要ですので、日本の友人や親戚、またはそのツテでそういった職務を引き受けてくれる人を探さなければなりません。日本に知人が誰もいないと困難を極めます。

問い合わせは多かったものの、結局そういったハードルを一つ一つクリアする前にMt.Goxが破綻してしまったので仕事にはならず、私としては骨折り損のくたびれもうけでしたが、お客さんに大損させることがなくてよかったかなと今は思います(注2)

私自身も具体的な仕組みを正確に理解しているわけではありませんが、試しに少額を送金したり、受け取ったりするとイメージがなんとなく掴めてきました。ビットコイン自体はとても便利な仕組みですので、徐々に普及していくんじゃないでしょうか。

Mt.Goxが破綻したため商取引に使えるくらいのビットコインを日本で入手するのは困難(不可能ではありません注3)になってしまいました。誰か日本で取引所を作ればかなり需要あると思うのですが、やらないのでしょうか?

少額を試しに使ってみたいという方は、ヤフオクなどで購入もできますし、LocalBitcoinsなどで個人間売買の仲介もしています。

今日の日経によればビットコインはモノとして扱うという話になるという政府の解釈が出たようですし、Mt.Goxの民事再生手続の中で、法的にどのような扱いになるのか判断がなされるのではないかと思います。

IT分野では他国の後塵を拝することが多い日本ですが、仮想通貨の扱いについては、もしかしたら一躍世界をリードできる?チャンスかもしれません。

==
注1 最終的にはこのレートになりましたが、破綻直前のMt.Goxは入出金ができない状態でしたので、このレートで取引できた人は実際にはいないと思われます。

注2 とは言っても上記の手法でトレードしていたのですから多少は損が出ているでしょうね。

注3 取引所に口座を作ってみたい人は、このあたりを参考にするとよいのではないでしょうか?

mroppon at 12:27│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 業務あれこれ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字